当ブログには広告が含まれています

スランプ

TOEICスコアが700から800点の間で停滞する人の残念すぎるミス

TOEICはやった分だけ伸びるタイプの試験ですが、700点台で伸び悩み、挫折してしまう人もいます。

なぜなのか考えたところ、一つわかりました。

結論から書くと「自分に必要な学習量」を把握していないからです。これについて解説します。

 

(今700点あれば)800点の壁は3ヶ月で突破できます

700点から800点を超える必要な準備期間は3ヶ月です(長くて半年です)。

TOEICはひっかけ問題があるわけじゃないので正しくやれば800点台までは時間に比例して上がっていきます。

実際、僕も正しいやり方を把握した後で準備を開始した結果、3ヶ月後には800点を突破しました。

 

自分の目標達成に必要な学習量は知っておこう!

冒頭でも少し書きましたが、大切なポイントは主に以下の3つです。

  1. 伸びるまでにかかる時間(適正な学習量)
  2. 成長曲線の形
  3. 自分の学習量

間違って伝わったら意味がないので、もう少しくわしく解説します。安心してください。

 

スコアアップに必要な学習量はある程度決まっている

まずはどのくらいやればいいのかって話です。

ズバリTOEICで100点アップするために必要な学習量ですが、大体200〜300時間と言われています。

700点から800点に到達したければ300時間やらずに諦めてしまうのは早いということです。これはぜひ目安として知っておきたいですね。

(もちろん、一部の天才はもっと圧倒的な効率でスコアを伸ばすかもしれませんが、今はそういう例外を持ち出すのはやめておきましょう。)

 

1日に2時間ペースを3ヶ月継続すれば200時間程度にはなる

2時間×30日×3ヶ月の単純計算で200時間位にはなります。

これは2時間で終わらせると言うよりは2時間かかる課題を用意して、やり切ったら結果的に2時間をオーバーするイメージです(要するにサービス残業込)。

 

成長曲線英語力の伸び方は階段のように踊り場がある

とは言え、毎日コツコツやれば、正比例のグラフのように直線的に伸びるわけではありません。

英語力は階段のように伸びます。上がったと思ったらしばらく停滞します。また、しばらく停滞が続いた後、一つの理解がきっかけでドカンと成長期が訪れます。

だから踊り場にいる状態の人が100時間やった時点でまったく伸びてなくても何ら不思議ではありません

 

もし、この踊り場の時期に耐えらず長いこと休んでしまうと徐々に覚えたことまで忘れてしまいます。

逆にこの成長曲線をはじめから意識していると「もうちょっと時間がかかってもしょうがない」「今は我慢の時期だ」と切り替えて継続できるから停滞しても乗り越えられます。

 

学習した時間は毎回計測!しっかりと把握しよう

ここでポイントになるのが時間を測っておくことです。

机の前に座って学習するにしても電車の中で学習するにしても通算の学習時間はわかっていたほうがいいです。

実は案外やっていないのにやったと錯覚してしまうことがあるからです。

 

例えば、単語を100問覚えるって最初はかなり大変です。知らない単語だけを100問完璧にするとなるとおそらく何時間もかかるでしょう。

でも、一度、覚えた単語って100問あっても5分くらいですべて見直せるんですよね。

どんぶり勘定でやっていると、30分くらいやった気になってしまうので注意したほうがいいです。

ラクになった分、学習量を減らせば長い間、停滞することに繋がります。

お前は本当に計ったの?と言われそうですが、あるテクニックを使って測っていました。測り方のコツは後ほど暴露します。
KY_English

 

700点台での停滞を打破する特効薬

①ボキャブラリーの徹底強化

これは断言できます。800点台に到達しないならまだボキャブラリーが不完全です。

TOEICに出る語彙やイディオムは決まってるという事実

巷にはTOEIC用の「単語帳」や「アプリ」がありますが、95%以上の単語はその中から出ます。なので、やっておいて無駄になることはありません。

700点台なら文法も一通り終わっているので、単語とイディオムをしっかり対策しておけば、時間をかけたのに聞けないとか読めない部分はほとんどありません。

あなたは「目標とするTOEICスコアをとるために必要な範囲ならすべてやりきった」と自信を持って言えますか?

単語やイディオムって100時間あれば相当増やせるので軽視せずに取り組みましょう。

語彙力強化でスコアアップした話語彙力とTOEICスコアは比例する【証拠あり】

 

②声を出す

ボキャブラリーを完璧にやった後でまだ伸びないとしたら処理速度の問題ですが、それは声を出すことで解決できます。

中途半端に点がとれるようになってくると音読は軽視してしまいがちですが、TOEIC対策にとって声を出す練習はいいことばかりなんです。

  • 英語の語順で理解できるようになる
  • チャンクとして処理できるようになり内容が記憶に残りやすい
  • TOEICの問題を解くべきペースがわかる

僕は教材の音声素材を声を出して読むようにしてから順調そのものです。コツがあるので闇雲にやってもダメですが、自信を持ってオススメします。

音読に関するくわしい話停滞中のTOEICスコアは音読で爆上げ可能【やり方と条件を解説】

 

800点突破のポイントは700点の人がやらない面倒なことをやるだけだ

もしかしたら700点のあなたは「そんなアドバイスはいらないよ」「面倒でやってられない」と考えていることでしょう。

  • 時間を測れ!
  • もっと単語を覚えろ!
  • 声を出せ!

僕自身、知らない人にそんなことを言われたら嫌になります。

というか、多分やりません。だけど一ついい方法があります。学習ツールでうまく手を抜くことです。

 

最強なのはスタディサプリ

効率的に対策するためにアプリを使うことに賛成ならスタディサプリENGLISH TOEIC対策コース ベーシックプラン を検討してみてください。TOEIC学習の面倒ば部分を極限まで削減でき、卑怯なほど捗ります(使っていない人からしたら反則級です)。

スマホだけで完結できるようになっているから、スキマ時間が1分あれば、どこでもTOEIC対策ができます。もっとスマートに高得点を狙いましょう。

 

いまスタサプを知った人(まだスタサプを始めていない方)へ

アプリ学習の良さの一つはいつでもどこでもできること。
まだ市販教材しか使ったことがないって方は、ぜひ、体験を通して一度スタサプを触ってその便利さを実感してみてください。

参考スタサプ vs TOEIC市販教材 どっちがコスパ高い?

かんたん1分!無料体験申し込み手続きへ


ベーシックプラン (スタディサプリ公式サイト)
7日間アプリ使い放題

実際にやってみて合わないと判断したらすぐに利用を中止できます。

 

いやいや無料体験なんてまだ早いよ…って方には具体的に説明しますのでもうちょっとお付き合いください。

 

700点台停滞組にはスタディサプリがいい理由

スタサプは学習した時間だけをカウントするからほぼ間違いがない

自分の学習時間をアナログで計算するのって実はかなり面倒です。

机の前に座っている時間 ≠ 学習時間

ですよね。

だからこそ、デジタルに頼っちゃったほうがいいんですよ。

スタディサプリはアプリなので、いちいち自分でどのくらい学習したか知っておく必要はありません。

アプリを使った分だけ、自動的に時間を秒単位で計算しておいてくれるから、間違いがないんです。

シンプルですが、これが先程、測り方のコツとして書いたテクニックです。

 

学習時間を基準にして軌道修正しよう

仮に300時間学習してまったく伸びていなければ「軌道修正」が必要です。やり方が間違っている可能性のほうが高いからです。

KY_English

田空港」に行きたいのに「田空港」に向かっているくらいのミスを犯しているかもしれません。

計測が甘いとやり方が間違っていることに気づけないので、軌道修正するためにも丁寧な計測は必須です。

 

スタサプは出るボキャブラリーだけを網羅している

スタディサプリは最小限の努力で最大限の結果が出るように設計されています。

なので以下のように自分の目標スコアに応じてやればいいだけなんです。

  • 730点とれる単語
  • 860点とれる単語
  • 990点とれる単語

 

スタサプは音読の教材としても最適

従来の発音練習ってかなり面倒ですよね。

だってCDや音声ファイルって必要なところだけ繰り返すのが大変じゃないですか。そもそも今時CDプレーヤーなんて捨てちゃってますよね。操作するだけで疲れちゃうから何回も繰り返そうという気になれません。

でもスタディサプリはアプリだからボタンをタップするだけで必要なところだけ瞬時に再生できます。

さらに自分の声を録音してくれるから、見本音声と自分の声を比較してできてない場所もわかるようになってるんです。

控えめに言って圧勝ですよ。

 

目標スコアTOEIC800点対象の講座

スタディサプリがいまいちしっくり来ない方向けに競合となるTOEIC対策講座800点突破コースを紹介します。

スタディング
完全攻略800点コース

 

簡易比較表

スタディサプリスタディング
メインの学習教材アプリアプリ
対象レベルTOEIC400点以上TOEIC400点から800点
期間6ヶ月
12ヶ月
3ヶ月
5ヶ月
カリキュラムなしあり
動画解説ありあり
動画講師関 正生早川 幸治
学習相談パーソナルコーチプラン
(別料金)
パーソナルコーチプラン
(別料金)
AI学習対応対応
独自SNSなしあり
サービス開始2017年〜2020年〜
運営会社株式会社リクルートKIYOラーニング株式会社
価格18,348円 / 6ヶ月
32,736円 / 12ヶ月
42,900円 / 600点
49,500円 / 800点

▼ くわしい比較はこちら

スタサプ vs スタディング TOEICアプリはどっちが正解?

オンライン志向のTOEIC受験者の中で最近、人気が高いスタサプやスタディング。 アプリ学習はスキマ時間にできるのがいいですよね。 両アプリは「カリスマ講師による動画解説」や「デジタル教材を使った学習」 ...

アバター画像

KY_ENGLISH

2018年9月4日にスタディサプリのパーソナルコーチプランに申込み、本格的にTOEICに挑戦開始。
必死でやった甲斐もあり6ヶ月でなんとか900点台突破に成功した。
(その後も900点台をキープしている)

30代半ばに突入し頭が固くなりかけているもののやればできることがわかり、セルフイメージ上昇中。
次の目標は自己最高スコアの950点を更新すること。

-スランプ
-