TOEIC攻略

TOEIC900点の壁を突破する人はどんな準備をしているのか

2020年6月29日

TOEIC900点と言えば、TOEIC受験者間では一つの大きな目標ですよね。

簡単にとれるわけではないので、ある程度の英語力を持つ証明になり、仕事上も有利です。

このページではすでに900点の壁を突破した僕が振り返ってみて大切だと考える準備を紹介します。

 

軽い実績紹介

30代半ばで英語熱が再燃。仕事はそこそこにしてTOEIC対策にコミットしたら900点を超えました。

書いている時点の最高スコアは930点です。

達成したときの感想としては運や才能がなくても本人次第で十分に実現可能な範囲だってことですかね。とくに目前までたどり着いている人は正しい準備をすれば近いうちに届くはずですよ。

 

TOEIC900点の壁を突破する人が呼吸をするレベルで当たり前に行っている準備

ボキャブラリーは不安材料なし

単語で苦戦してるレベルだとTOEIC900点クリアはありえません。

イメージとしては「TOEICに出てくる単語ならほとんど知ってますね」「試験会場に単語帳は持っていきません」と言い切れる状態になっている必要があります。

正直、TOEICに出る単語はそこまで多いわけではないので最低条件なんですよね。

TOEIC用の単語集一冊を繰り返しやりこみ、模試などではじめてみたフレーズも記録しておくのが良いでしょう。

すべての基礎なのでここが不安な状態なら何をやってもうまくいかないと思います。

(ちなみにTOEIC用の教材であればなんでもいいです。僕は単語帳は使わず、TOEIC用のアプリで覚えましたがまったく問題ありませんでした。)

 

TOEICの出題傾向を把握し、体が回答のペースを覚えている状態で受験

TOEICは情報処理能力の勝負でもあります。

ゆっくりやってたら必ず時間が足りなくなるようにできてるので、準備の時点で時間配分を逆算しておいて体に覚え込ませる練習もしておく必要があるんです(自分流にカスタマイズして最適化します。)。

  • Part1は説明用の放送中にPart3のイラスト問題を先読み
  • Part5にかけられるのは1問あたり平均20秒だ
  • Part7は55分で解くのがいいな

みたいなのはそれこそ誰でもやってるイメージですね。

現時点でやっていないとしたら他の受験者とは周回遅れレベルの差がついています。

 

体調管理バッチリ、試験日前から自己管理を徹底

しつこいですが、TOEICで900の壁を超えるには情報処理の能力も必要です。

  • 2時間で200問
  • 休みなしで連続集中

だからこそ試験日のコンディションは万全でなければなりません。

二日酔いの睡眠不足状態で受験すれば、多分、実績のある人でも凡ミスをして足元をすくわれます。

試験直前は睡眠時間をしっかりと確保し、当日、パフォーマンスを最大限に発揮できる準備をしておきましょう。

 

間違った部分だけを徹底的に復習して見つかった弱点はことごとく潰している

受験エリートの人にとっての常識って僕のような偏差値50以下の人間には非常識だったりすることがあります。

例えば、その典型的な例が復習の仕方です。

勉強が苦手な人は不安からかすでに覚えたところまで復習してしまい時間がなくなるんですよね。

もちろん、それだと効率が悪すぎます。

 

逆にデキる人は間違えたところや記憶が曖昧になっているところをピックアップし、繰り返しやって定着させることで完璧を目指します。

勉強の仕方が身についていないと900点は夢のまた夢かもしれません。

 

猛スピードで目標をクリアできる!継続のコツ

コンサルタントや評論家として有名な勝間和代さんが自身のYouTubeチャンネルで継続のコツについて話していました。

TOEICを攻略する場合にも当てはまることだったので、僕は以下のツイートをしたんですが、この意味についてもう少し深掘りしていきたいと思います。

 

動画はこちら

 

短期間でのTOEIC攻略を可能にするシンプルな3つのルール

①最初に明確な目標を期限付きでもつ

僕はTOEICに本気で挑戦するにあたって3ヶ月で900点を目標スコアに定めました。

また、目標を達成することはすでに確定している前提で動き、かなり具体的に妄想もしています。

参考TOEICスコアが無事900点超えたらどうするの?僕が考えていること

 

結果としては6ヶ月で905点と目標としていた時間よりはかかってしまいましたが、スコア的にはノルマ達成に成功しています。

目標と期限がなければもっと長引いていたのはほぼ間違いないでしょう。

期間限定だったから9割の付き合いを断って集中できたし、ゴールを決めていたから駆け抜けられたんです。

逆に「とにかく頑張ってできるだけ最高点を目指す」みたいな曖昧な目標が悪いところはいくつもあります。

話が長くなるので別のページに書いてますが、デメリットはかなり多いですよ。

参考TOEICは短期集中で早く結果を出すべき理由

 

②一人でやらない、仲間をつくる

仲間をつくるというと大げさですが、誰にも知られずにひっそりとやるのは避けたほうがいいです。

なぜなら、人間は自分に甘いからです。

他人からの目線を気にすることによって、やっとやめることを思いとどまらせてくれます。

じゃあ、何をすればいいのか?

このために僕がやったこととしては、具体的にいうと3つあります。

  1. このブログ(サイト)を作って、誰かに見られること
  2. ツイッターでも学習時間や学習内容を定期的にツイートすること
  3. パーソナルコーチに見てもらうこと

最低でも1つくらいはやらないとダメだと思います。

特にオススメはコーチをつけることですね。

コーチがいると自分のためじゃなくて、コーチのためにやらないといけない感情が出てくるんですよ。

もし、予算的に厳しくて独学をするとしても他人の目を意識するために何かしら発信はしたほうがいいです。不思議と誰か見てくれてますから。

 

③数分間以上毎日続ける

勝間さんも動画の中で言っていますが、3日おきとかになると急に続かなくなりますよね。

ゴミの日って毎日じゃないからうっかり出し忘れたりしませんか?そんな感じです。

だから、ベストなのは毎日の中に英語のための枠を確保しておくこと。

多分、歯磨きや入浴(シャワー)って、無意識レベルで枠として確保しているからできるんだと思います。

あと僕は連続記録をつくるイメージを大切にしています。

積み重ねれば、積み重ねるほど習慣化し、休むのが逆にストレスになります。

本当に時間がない場合は別に2分とかでノルマ達成としちゃってもOKですよ。

 

ちなみに

やったかどうかはログをとって残すっていうのもポイントですね。後から見返すことが自信にもなります。

できれば入力することなく自動で残るものがいいです。一手間増えるとそれだけで何倍も大変になりますからね。

僕がスタディサプリのようによくできたアプリを使うのには、実はそういう理由もあります。

 

目標を達成できたおかげで自分に自信がつきました。

今後、英語に限らず新たな目標に挑戦する時もこの成功体験を応用すればうまく行く確率が高いと思っています。

シンプルな3つのルールはたいていのことに当てはまるはずですから、ぜひ活用してみてください。

 

最後に

「なんだ、もうやっているよ」と思った場合、すでに僕レベルの人間があなたにお伝えすることはありません。間もなく900点をとれるはずです。

一方で、どれもはじめて知ったという場合、どれも重要なのですぐに取り入れることをオススメします。

特に自己管理力が低いと感じているなら自分の力でどうにかしようとせず、ペースメーカーをつけるのも手です。

僕は実績のあるコーチをつけてうまくいきました。

その話は長くなるので独学でTOEIC900点を狙うのはけっこう大変だ【難易度高】に続きます。

KY_ENGLISH

KY_ENGLISH

2018年9月4日にスタディサプリのパーソナルコーチプランに申込み、本格的にTOEICに挑戦開始。
必死でやった甲斐もあり6ヶ月でなんとか900点台突破に成功した。

30代半ばに突入し頭が固くなりかけているもののやればできることがわかり、セルフイメージ上昇中。
次の目標はリスニングで満点とること。

-TOEIC攻略
-,

Copyright© スタディサプリとパーソナルコーチでTOEIC攻略 , 2020 All Rights Reserved.