TOEIC900点攻略法

TOEIC860点を突破できた具体的な方法とは

TOEICで860点を超えると最上位グループ扱いになるので、一旦、目標ラインとして設定している人も多いのではないでしょうか?

では、どうやったらとれるのか。このページでは優先順位をつけて紹介します。

(最上位グループと言ってもTOEIC満点と860点じゃ実力的に全然違う気がしますが、その話はいったん置いておきましょう。)

 

この記事を読む価値はあるのか?

「誰だこいつは?」と思われてしまったことでしょう。

ただこのタイミングで自己紹介に時間をかけるのはもったいないので僕のTOEICスコアを挨拶代わりにお伝えします(満点とれないのは恥ずかしいですが、これが今の実力です)。

まあ860点をとったことがない人間が語るよりは説得力があるかと思います。

 

705点から3ヶ月で860点をとれた時の経験をもとに話を進めます

ちなみに僕は過去に860点と865点をとったことがあります。

この先を読むかどうかの判断材料にしてください。

 

TOEIC860点をとるために必要な正答率を知っておこう

TOEICの採点方法は公表されておらず、関係者以外は知ることができません(複雑な計算をもとに決まっています)。

ただし、だいたいの目安はあり、(個人的な経験を踏まえた数字になりますが、)じつは約176問くらい正解すれば860点を超える可能性が高いです(正答率88%くらい)。

 

リスニング 90問 + リーディング 86問 = 176問

安定的に以下のバランスで得点できれば、860点突破は固いです。

  目標スコア
ListeningPart16 / 6
Part222 / 25
Part335 / 39
Part427 / 30
合計90 / 100
ReadingPart526 / 30
Part614 / 16
Part746 / 54
合計86 / 100

一つのPartで全問正解するのはけっこう大変なので模試などを解いてみて上記の目標スコアと大きく乖離している部分を補うのが良いと思います。

 

リスニング正答数参考スコア
96 - 100475 - 495
91 - 95435 - 495
86 - 90405 - 475
81 - 85370 - 450
76 - 80345 - 420
71 - 75320 - 390

リーディング正答数参考スコア
96 - 100460 - 495
91 - 95425 - 495
86 - 90395 - 465
81 - 85370 - 440
76 - 80335 - 415
71 - 75310 - 390
66 - 70280 - 365
61 - 65250 - 335

※公式TOEIC問題集の参考スコア算出方法です。

 

TOEIC860点をとるための現実的な戦略

リーディングで最低400点稼ぐ

リーディングで400点を安定して稼げる力がつけば、恐らくリスニングも400点は超えてくるはずです。

現実的にはリーディングで410点を稼ぎつつ、リスニング450点みたいな配分かなと思いますね。

リスニング450点と聞くとほぼノーミスに聞こえますが、10問以上ミスっても450点は行くので実現できる可能性は十分にあるでしょう。

参考TOEICリーディングで毎回400点以上取れるレベルになった秘密
 

気持ちとしては900台を目指す

860点のちょっと上(900点くらい)をとるつもりで準備すると良いかと思います。

いくら完璧に準備をしたつもりでも準備が完璧にできるとは限りませんし、試験会場は普段と違うので多少のミスもします。

(はじめから860点を目指していると800点台前半に落ち着くかもしれません)

僕の場合だと、705点から900点超えを狙って準備していたら結果として860点だったというわけです。

 

TOEIC860点を突破したいなら本番までにやるべきこと(最低限の準備)

リーディングでギリギリ全問解き終わる経験

時間内にリーディングパートを解き終わるくらいになっていたほうがいいです(時間が全然余らなくても大丈夫)。

それと同時にこの時点ではまだ満点をとれるほどの力はないのでわからない問題を飛ばす諦めのよさも必要です。

そのためには普段からペース配分は意識して解く練習をしておきましょう。ちなみに僕は常に以下のペースを守ってます。

  • Part5+Part6:20分
  • Part7:55分

できれば時計を見なくてもいいレベルになるのが理想です。

 

860点分の語彙力完備

語彙力があればリーディングのスコアは自然と上がります。

僕が860点をとった当時、TOEIC用の単語帳で860点分のところまでは完璧といえるレベルでした。

参考語彙力とTOEICスコアは比例する【証拠あり】

 

TOEIC860点を取ったときにやっていた学習量 = 3ヶ月で約200時間

試験直前期のツイートを見ると1日2時間ペースの学習を3ヶ月≒約200時間の学習をしていました。

200時間の内容としては①②③のような感じでした。

 

①文法を総復習(20時間)

僕は文法に自信がなかったのでしっかりやり直しました(専属コーチを付けていたのですが、コーチにも文法力を指摘されました)。

文法力の弱さは具体的には次のような問題に繋がります。

  • Part5を解くのに時間がかかってしまう
  • Part6とPart7を解く時間が残っていない

これはTOEICで結果が出ない人の典型的なパターンです。

(860点をとってから確信に変わりましたが、文法に穴がある状態だと860点は厳しいですね。)

なので文法に苦手意識があるなら集中的に取り組むべきです。

 

860点レベルの文法力とは?

Part5を12分で26問正解できれば860点狙いとしては合格ラインだと思います。

15分以上かかっているようだと長文問題で塗り絵が発生するので厳しくなってくるでしょう。

ちなみに僕はスタディサプリを使いましたが、ツイートを振り返るとだいたい20時間程度で完成したようです。

TOEICにはそんなにひねった文法は出てこないので思ったほど時間はかかりません。

 

②本番形式を叩き込む

TOEICの出題形式を研究

TOEICの頻出パターンごとの例題と演習をやりました。

※すでにわかっている場合は省略可能

 

TOEIC形式の問題集を10回分(10回分 × 2 = 20回)

できなかったところを復習し、少し間を開けて2回目。これで20回とカウントとしてます。

TOEICのリーディングセクションは解き方によっても結構得点率が変わったりするので、解きやすい方法を見つけるまでは何度も本番形式で解くのがオススメ。

「20回って多くない?」と言われそうですが、回数はあまり重要ではないです。

ポイントはあくまでも自分が解きやすい方法を見つけることなのでスタイル完成したら回数は気にしなくて大丈夫です。

 

③単語は毎日(ノルマは1日100語)

単語はスキマ時間にやることが多かったです。

 

TOEIC860点をとれない人が見逃していること

TOEICを最優先にしていない

学習に集中できる環境を作ろう

結果を残すのに十分な環境づくりは不可欠です。

家事、飲み会、残業、趣味などに時間を割いてはダメ。一定期間は覚悟を決めてTOEICに捧げる覚悟が必要なんです。

試験後に「時間がなくて勉強できませんでした。」とヘラヘラと言い訳をしてる人がいい結果を残せるでしょうか?

その逆をやりましょう。仕事やプライベートを調整して時間をつくり、試験会場に向かう途中、「やれることはやったつもりだ。」と思っていれば、自ずと結果はついてきます。

本気度が高い人はだいたい3ヶ月くらい集中して結果を残しています。

 

英語が大好きな人ほど総合力を上げようとしがち

例えば、YouTubeで英語学習関連の動画を見ると実力者が流暢な英語を披露しています。

そういうのを見るとつい「話せたら素敵だな」「自分も話す力をつけたいな」と思ってしまいがちです。でも、そんなの本当にTOEICと同時にできますかね?

正直、僕自身もできれば話す力を同時につけられたら最高だと思いますが、現実的に考えてそれができる時間を持てるのは学生や一部の恵まれた人のみ。

時間のない社会人が短期間でそのような理想論は封印しましょう。

特に1日に1~2時間しかとれないなら、なおさらTOEICに出ない範囲に手を付けるのはNG。ここを失敗するとTOEIC860点が遠のきます。

 

TOEICの出題パターンを完全把握してない

出題パターンの把握は絶対に必要です。すぐに結果につながるので必ずやるべきだと確信しています。

やっぱりTOEICを上げたかったらTOEICにコミットし、出る範囲だけに集中することが一番の近道なんです。Partごとに最適な解き方と時間を見つけてスタイルが決まったら、繰り返し練習して体になじませましょう。

(僕はTOEICをしっかりと分析したことがなかったので研究しました。まあ、自分で研究したと言うよりは「スタディサプリの中で語られているTOEICの攻略法」を鵜呑みにしたと言ったほうがより正確ですが。)

 

一人きりでやっている

何がなんでも1人でやろうと考えるのは早めにあきらめたほうがいいです。1人でコツコツやるのは本当に難しいです。

なので僕は見える化して追い込みました。

具体的に導入したこと

  • コーチを付ける
  • ブログを立ち上げる
  • ツイッター開始

 

毎日英語に触れてない

学習の間隔を空けすぎると目標達成が難しくなります。たとえ短くても1日一回は英語の時間を作りましょう。

僕は3ヶ月は1日も休まずにやりましたが、そのほうが記憶の定着にも良いです。最初は辛いですが、1ヶ月経つ頃には普通になってますよ。

 

最後に一言

860点を取った時は次のようないいことがありました。

  • Aランク(最上位集団)だから自信になる
  • やり方が正しいことが確信できる
  • 900点台が射程圏内に入っているからもうひと頑張りできる

現在700点台の人が3ヶ月先の目標地点としてひとまず860点を目指すのはアリです。

 

追記

Part7対策についてはTOEICのパート7対策は意外とシンプル【Aランクをとれました】で深堀りしています。

KY_ENGLISH

2018年9月4日にスタディサプリのパーソナルコーチプランに申込み、本格的にTOEICに挑戦開始。
必死でやった甲斐もあり6ヶ月でなんとか900点台突破に成功した。
(その後も900点台をキープしている)

30代半ばに突入し頭が固くなりかけているもののやればできることがわかり、セルフイメージ上昇中。
次の目標は自己最高スコアの930点を更新すること。

-TOEIC900点攻略法
-

Copyright© スタディサプリとパーソナルコーチでTOEIC攻略 , 2021 All Rights Reserved.