TOEIC攻略

TOEIC700点を突破するにはズバリ何を優先すべきか【戦略を伝授します!】

2020年3月19日

TOEIC700点って言うとけっこう難易度が高いと思われがちですが、じつはそんなに恐れる必要はありません。

全体の約3割くらいミスってもOKなんです。

つまり、完璧を目指さなくても到達可能ということ。むしろちょっとあきらめるくらいが丁度いいです。

では、ひとまず700点を目標にしている時点では何に力を入れるべきなのか。

このページは優先順位をつけて紹介します。

 

700点をとったことがない人間が語っても説得力が弱いので、一応、僕のスコアをお伝えします(満点とれないのは恥ずかしいですが、これが今の実力です)。

 

TOEIC700点をとるために必要な正答率を知っておこう

具体的な戦略に移る前にどのくらいの実力が必要なのかについてもう少し深堀りします。

 

じつは正答率7割くらいでも大丈夫

TOEICの採点方法は公表されておらず、関係者以外は知ることができません。

(どうやら複雑な計算をもとに決まっているようです。)

ただし、だいたいの目安は計算することができ、約146問正解すれば700点を取れる可能性があります。

TOEICの場合、全問選択式なのでわからない問題はテキトーに選んでもある程度正解になることから、7割できれば700点と考えても大丈夫そうですね。

リスニング 75問 + リーディング 71問 = 146問
リスニング 80問 + リーディング 66問 = 146問
リスニング 85問 + リーディング 61問 = 146問

リスニング正答数参考スコア
96 - 100475 - 495
91 - 95435 - 495
86 - 90405 - 475
81 - 85370 - 450
76 - 80345 - 420
71 - 75320 - 390

リーディング正答数参考スコア
96 - 100460 - 495
91 - 95425 - 495
86 - 90395 - 465
81 - 85370 - 440
76 - 80335 - 415
71 - 75310 - 390
66 - 70280 - 365
61 - 65250 - 335

※公式TOEIC問題集の参考スコア算出方法です。

 

TOEIC700点をとるための現実的な戦略

安定的に以下のバランスで得点できれば、700点突破は固いです。

 目標スコア
Part16 / 6
Part222 / 25
Part330 / 39
Part422 / 30
Part524 / 30
Part612 / 16
Part736 / 54

一つのPartで全問正解するのはけっこう大変なので、模試などを解いてみて上記の目標スコアと大きく乖離している部分を補うのが良いと思います。

 

リスニングで400点くらい稼ぐ

リスニングとリーディングを比較すると、多くの人はリーディングが難しいと感じるはずです。

なのでリスニングで稼いでおきましょう。

ズバリ、700点のバランスとしては以下のイメージでいいんじゃないかと思いますね。

  • リスニング:380点
  • リーディング:320点

リスニングパートはテスト序盤なので集中力も残ってますし、ミスをしにくいうちに点数を稼ぎましょう。

 

Part1,Part2,Part5を得点源にする

難易度の低いところで落とさないのが何よりも重要です。

その意味で、まずは短い文章が多いPart1,2,5を重点的に強化しましょう。

※とは言え、かなり難しい問題もあるので多少のミスは許容範囲。完璧主義にはならなくて大丈夫です。

 

Part7の最後の15問くらいは捨てる

Part7は時間がなくて解けないのが不安かもしれませんが、700点を狙う実力の時点で全部解ける人は多分いませんから、早めにあきらめてください。

何が何でも全部読もうとするよりは「時間が足りなくて解けない部分は、ラスト5分になったら塗り絵で乗り切る」と割り切ったほうがうまくいくはずですよ。

 

【チェックリスト】TOEIC700点を突破するために優先すべきこと

出題形式を把握し、頻出パターンを徹底練習

TOEICは出題形式に慣れるだけで数十点はアップできるテストです。

総合力を上げようといろんなことに手を出す前にTOEICのための対策をしたほうがいいです。

難しい問題を解けるようになったところで、頻出パターンを落としていたら意味がないですから。

参考パーフェクト講義をやればTOEIC頻出パターンと攻略法が丸わかりになる
 

リスニングの先読みを徹底練習

Part3とPart4は先読みの練習をして体になじませておきましょう。

練習しているうちにきっと定番の質問やパターンに気付くはずです。

毎回のように聞かれるタイプの質問については読む時間を短縮する効果も期待できます。

 

リーディングのペース配分通りに解く練習

練習の時点でペースを設定しておき、時間を意識しておくことが大事です。

ちなみに僕は以下のペースを意識してます。

  • Part5+Part6:20分
  • Part7:55分

700点くらいだとまだちょっと難しいと思うのでPart7の時間を45分くらい残すのがいいかもしれません。

とにかく、自分のやりやすいパターンを見つけたら、本番でもそのペースを守ること。

それがスコア安定に繋がります。

 

700点分の単語は確実に覚える

いろいろ書いてきましたが、やっぱり外せないのはボキャブラリーなんです。

TOEICは単語力がないと圧倒的に不利な試験です。

リスニングは一発で聞き取る必要がありますし、リーディングは読み直しをしてると時間が足りなくなるように作られているからです。

反射的にわかるくらいの準備をしておかないと得点できません。

ボキャブラリー学習の継続は単調なのでわかっていてもサボりたくなりますが、毎日やって瞬時に発音と意味がわかるレベルまで磨けば、まず裏切りません。

700点が目標なら「700点分の範囲までは完璧だ」と言えるようにしておきましょう。

参考TOEICで目標スコアを達成するならボキャブラリーを抑えるべき理由

 

選ぶべき市販の単語帳(例)

TOEICの目標スコアに応じていくつかの単語帳があります。

本当は700点分でも良いんですが、アマゾンで見た限り700点向けの単語帳が見当たらなかったためここではもうちょっと上のスコアまで使えるものを紹介しておきますね。



 

KY_ENGLISH

KY_ENGLISH

2018年9月4日にスタディサプリのパーソナルコーチプランに申込み、本格的にTOEICに挑戦開始。
必死でやった甲斐もあり6ヶ月でなんとか900点台突破に成功した。

30代半ばに突入し頭が固くなりかけているもののやればできることがわかり、セルフイメージ上昇中。
次の目標はリスニングで満点とること。

-TOEIC攻略
-

Copyright© スタディサプリとパーソナルコーチでTOEIC攻略 , 2020 All Rights Reserved.