ベーシックプラン

スタサプ vs abceed TOIECアプリはどっちを選ぶのが正解?

「TOEICアプリ おすすめ」などと検索すると高確率で見かけるスタサプやabceed。

両アプリとも人気のTOEICアプリなので色々な意見があって混乱しているかもしれません。

ただし、よく分析すると違いもわりとあって、どちらが向いているかはレベル感によっても異なります。

今回はそれぞれの特徴を比べつつ、パターンごとにどっちがいいのかまとめてみます。

 

今回比較するTOEICアプリ

スタサプ|TOEIC対策コース ベーシックプラン

スタディサプリ ENGLISH

TOEIC対策アプリの決定版(英語学習アプリ利用者No1)

リクルートのTOEICアプリ「スタサプ」にはカリスマ講師による動画解説が収録されており、TOEICに必要な知識だけを集中的に復習可能。本番形式の問題を20回分収録し、本番に向けた演習もバッチリ。アプリだけでTOEIC準備が完成します。

 

abceed|Proプラン

TOEIC市販教材の問題が待望のアプリ化

TOEICの市販教材の問題が大量に収録されたアプリです。

AI分析によって弱点部分だけを徹底的に本番形式で演習するのにピッタリ。スコア予測もできるので自分の実力アップをリアルタイムで実感できます。

収録問題数は模試25回分とスタサプよりも多いのも見逃せないポイントです。

 

スタサプ vs abceed TOEICアプリの比較表

 スタディサプリabceed
コースTOEIC対策コース
ベーシックプラン
Proプラン
メインの学習教材アプリアプリ
アプリ内容AI学習対応対応
基礎文法
レベル別単語クイズ
Part別講義
Part別演習
ディクテーション
シャドーイング
リピーティング
発音チェック
動画解説ありなし
スコア予測
教材(参考書)使い放題
収録問題数模試20回分模試25回分
端末PC
スマホ・タブレット
アプリの評価Google Play4.43.3
App Store4.64.7
対象レベルTOEIC400点以上TOEIC600点から900点
コーチングパーソナルコーチプランあり
(別料金)
ABCEED ENGLISH
(別料金)
学習期間6ヶ月
12ヶ月
3ヶ月
12ヶ月
無料体験期間7日間3日間
価格3,278円 / 1ヶ月
18,348円 / 6ヶ月
32,736円 / 12ヶ月
2,700円 / 1ヶ月
8,100円 / 3ヶ月
32,400円 / 12ヶ月

以上が両アプリの簡単な比較になります。の部分は後ほど補足して説明します。

ここからは表をもとに各アプリの強みと弱点を紹介します。

 

スタサプの特徴

Good

動画講義がある

スタサプは動画で知識の抜けを確認できます(基本文法や各Partごとの講義等)。そして、カリスマ講師の解説だけに教え方に無駄がなくもちろん質も高いです。

動画は英語学習にブランクがあった人の復習ツールとしても役立つでしょうね。

abceedの説明は基本、文字中心なのでガチの英語嫌いにはとっつきにくい部分も多少あるかもしれません。
KY_English

 

TOEIC400点台くらいからなら使える

スタサプは収録されている問題や解説等、レベル感的にabceedよりも低めに作られています。

難易度が低いという意味でスタサプのほうが使える人は多いでしょう。
KY_English

 

リーディング問題にも音声がある

リスニング音声が収録されているのはもちろんのこと、リーディング問題も音声化されています。声を出すトレーニングが流れの中に組み込まれており自然な形で英語力がアップします。

abceedも決して悪いわけじゃないんですが、リーディングには音声がなかったりするなど徹底されてないのはちょっと残念...
KY_English

 

+ 音声ってそんなに重要?

リスニング対策として音声素材が重要なのは言うまでもなく、理解できると思います。ただ、意外と見落としがちですが、リーディング対策でも音声はかなり大事なんです。

実は本番でリーディングの長文を制限時間内に解き終わるためのコツは150WPM(1分で150単語)で読むこと。そのためにはまずそのスピード感を意識することが必要になります。

とは言え、150WPMとか言われても「それってどんなスピード」なのかよくわかんないですよね。

あまり知られていませんが、英語教材の音声は基本150WPMはオーバーしています。なので音声と同じスピード感で読めればOKということになります。逆に音声のスピード感でついていけなければ本番でも時間は足りないです。

スタサプなら長文問題も音声化されているので、その練習が可能になり、しっかりと準備ができます。

※特にTOEIC700点くらいの停滞組は音読を軽視しがちなので注意が必要です。

参考停滞中のTOEICスコアは音読で爆上げ可能【やり方と条件を解説】

 

Bad

スコア予測機能がない

学習中、「はたして自分は昨日より成長したのだろうか?」と思うことがあります。こういうときにスコア予測表示があれば便利なんですが、残念ながらスタサプにはないため模試を解いて把握する必要があります。

abceedなら成長をリアルタイムで感じれますね。
KY_English

 

abceedの特徴

Good

弱点だけを強化できる

初回に30問程度の模試を解くだけでAIによる弱点分析が行われ、予測スコアも表示されます。

AIによる分析後はやるべきことが決められていて、指示に沿って進めていくだけだから、迷子になりにくいです。自分のレベルに合わない問題は出題されないようになっているから学習効果が高く安心して進められます。

abceedはシンプルなのが逆にいいです。
KY_English

 

問題量が多い

収録されている問題数で言えば、abceedのほうが多いです。

 

難易度が高い問題もある

スタサプよりも難しい問題が収録されているので上級者にとってもやりがいがあります。

僕も実際に使いましたが、abceedに収録されている問題は難易度が高いです。900点以上の僕の場合、簡単な問題が出ないから超効率的に感じます。
KY_English

 

教材が使い放題

市販の人気教材の問題部分がアプリとしてサブスクで使えるのでコスパはいいです。アプリ化されているので音声を再生するのも便利で、苦手な単語だけを復習しやすいです。

 

スコア予測機能

問題を解くごとに現在の推定スコアが出るので、成長を実感しやすいです。

 

Bad

動画解説がない

abceedは問題演習に必要なインプットは終わってる前提でテキストによる解説のみとなっています。読み放題となっている市販教材を使ってインプットできないことないですが、体系的に学ぶことはできません。

なのでインプット不足の人は迷子になって、どこの話をしているのかわからないことがあるかもしれません。

スタサプでは知識のインプットや復習のためにカリスマ講師による講義動画が充実していますが、逆に言うと、abceedのほうが対象レベルが高いってことですね。
KY_English

 

リーディングは音声がない

abceedでも音声を使ったトレーニング(ディクテーション・シャドーイング・リピーティング・発音チェック)はできますが、一部対応していない問題もあります。

 

両アプリの共通点

両アプリには共通点がいくつかあります。

 

特徴として触れなかったポイントをちょっとだけ補足しますね。
KY_English

 

無料体験期間がある

無料体験期間中も機能制限なしで使えます。

 

料金はほぼ変わらない

利用期間に若干の差はありますが、どちらのアプリも料金的な差はありません。

 スタディサプリabceedZ会スタディング
1ヶ月3,278円2,700円3,200円
2ヶ月
3ヶ月8,100円42,900円
4ヶ月
5ヶ月49,500円
6ヶ月18,348円
12ヶ月32,736円32,400円
詳細比較スタサプ vs abceedスタサプ vs Z会スタサプ vs スタディング

 

300点台の人にはどちらも難しいかも

超初心者向けの解説はどちらのアプリでも省かれていることも多く、300点もあやしいような弱点だらけのレベルで始めると挫折する可能性があります。

正直、上級者になると超初心者向けの解説なんかダルくて聴きたくないですから、やはり全員に合わせた教材っていうのは無理があり、しょうがないかと思います。

 

パーソナルコーチプランがある

両アプリには有料でコーチをつけられるプランがあります。

コーチングを受けつつアプリを使うことでTOEIC本番に向けてしっかりとした準備ができます。

コーチをつけるメリット

  • 進め方のアドバイス
  • 疑問や不安の解消
  • 最適なスケジュール管理
  • 目標やスケジュールの軌道修正

 

スタサプのほうがいい人

インプットがまだ完全には済んでいない中級者

スタサプのコンテンツは動画による解説がハイクオリティなことから中級者以上が知識の確認やインプット教材として使う分にはもってこいです。

具体的に言えば、400点から600点くらいならスタサプを選んだほうがいいでしょう。
KY_English

 

リーディングにも音声が必要

リーディング対策として音読をするならスタサプを使ったほうがいいです。

 

abceedのほうがいい人

必要知識をインプット済(中上級者)

abceedは問題演習と解説がメインなのでインプットは他で学んだほうが効率的です。

具体的な目標スコアが800~900点以上の人にオススメのツールです。
KY_English

 

問題を解きまくりたい

AIの出題に沿って進めていけば、目標スコアを達成できるようになっているので「インプットは済んだのでアウトプット中心で準備したい(問題を解きたい)」「自己流に進めてるけどしばらく停滞中」「弱い部分を把握したい」という人にとってはピッタリです。

逆に弱点だらけだとAIによる出題の効果も限定的になります。そういう意味では弱点のほうが少なくなってきた状態で使い始めるのが望ましいでしょう。

 

まとめ

スコア別にまとめると以下のような選び方がオススメです。

 スタディサプリabceed
800点以上
600~800点
400~600点
400点未満TOEIC300点台向けの攻略方法

ポイントとしては自分のレベル感にあっていることを確認した上で、直感的に良いと思えるものを選ぶことです。

自分がピンとこないものを選んでしまうと、結局続かなくなります。英語学習は継続がカギなので嫌々やっても伸びません。自分がこれならできると思う学習方法で進められることをオススメします。

そうすれば必ず結果は出ます。

KY_ENGLISH

2018年9月4日にスタディサプリのパーソナルコーチプランに申込み、本格的にTOEICに挑戦開始。
必死でやった甲斐もあり6ヶ月でなんとか900点台突破に成功した。
(その後も900点台をキープしている)

30代半ばに突入し頭が固くなりかけているもののやればできることがわかり、セルフイメージ上昇中。
次の目標は自己最高スコアの950点を更新すること。

-ベーシックプラン

Copyright© スタディサプリとパーソナルコーチでTOEIC攻略 , 2022 All Rights Reserved.