パーソナルコーチプラン

TOEIC対策でスタディサプリのパーソナルコーチプランを選んだ理由

2018年10月2日

TOEIC対策のために専属トレーナーをつけようと思ったら、スタディサプリ以外にも似たようなサービスは色々あります。

じゃあ、なぜスタディサプリにしたか。

その判断に至った理由を書きます。

 

コーチングのプログラムはけっこうあります

ライザップの影響なのか、最近、英語業界でもコーチをつけるのが結構流行ってるみたいです。

例えば、勤務先周辺では「 プログリット 」や「 ライザップイングリッシュ 」をよく見かけます。

 

事前に調査対象にしたのは2社

英語の専属コーチというコンセプトだけで言えばもっと選択肢はありますが、「ビジネス英会話力UP」を目的としていたので外しました。

ビジネス英会話力UPのコーチがTOEICにくわしいとは限らないというのが理由です。

また、普通のTOEICスクールは短期集中タイプではないし、ちょっと自分の求めているものとは違いました。

なので以下の条件に絞って調べました。

調査対象

  1. TOEICスコアアップ
  2. 専属コーチ
  3. 短期間

 

結果として残ったのが、「プログリット」と「ライザップイングリッシュ」です。

 

最終的にスタディサプリを選ぶ決め手となったこと

スタディサプリは評判がいい

評判などを徹底的に調べた結果、スタディサプリのパーソナルコーチならできる気がしました。

TOEIC界のカリスマが動画でテクニックを解説してくれてるから圧倒的にわかりやすそうですし、結果が出している人の数も多いので安心でしたね。

一方、「ライザップイングリッシュ」や「プログリット」に関するSNSの評判はあまり具体的ではなくて決め手に欠けました。

 

スタディサプリのパーソナルコーチプランは通学不要(オンライン完結)

「ライザップイングリッシュ」にしても「プログリット」にしても通学が必要です。

日々のオンライン報告と合わせて毎週コーチに会いに行くのが基本です。

これ、正直、大変じゃないですか。

便利な場所にありますし、夜遅くまで対応しているので、たとえスケジュールが不定期でも行けないことはないですが、通学に時間を使うのはもったいないと感じました。

仕事柄、予定が変わりやすいので困ると思ったんです。

その点、スタディサプリはオンライン完結で通学時間0分ですからね。

補足

これを書いた後、通学だけじゃなくてオンライン体制もできたようです。

(コロナ対応によるものと思われます。)
 

スタディサプリだけは公表されてるデータ数が十分にあった

ライザップやプログリットの公式HPを見ると、成果を出した人の事例はいくつか出てますが、それほど多くありませんでした。

数えられるほどしか出ていないので自分と似たようなケースがあるかわからなかったという印象です。

その点、スタディサプリはいくつもの具体的な事例が公式サイト上で掲載されている他、SNSで探せばザクザク出てきます。

 

補足

公式ウェブサイトなどに掲載されている修了生のスコアを見ての印象ですが、各プログラムではターゲット層が若干違うようです。

メインとなるターゲット層

  • スタディサプリ:400点〜900点くらいまで
  • ライザップイングリッシュ:800点くらいまで
  • プログリット:900点以上の人も対応(ハイレベル)

ライザップイングリッシュは、どちらかというと、初心者を中級レベルに持っていくのが得意なイメージ。

一方、プログリットは900点台をすでに達成した人も多数でした。

900点台を目指すなら「プログリット」のほうが魅力的に映りましたね。逆に、まだ英語学習がビギナーレベルなら「ライザップイングリッシュ」のほうが良さそうでした。

 

【料金】スタディサプリのパーソナルコーチプランは高くなかった

やはり料金は気になります。

正直、いくらでも出せるというわけではないのでシビアにチェックしました。

調査したところ、各サービスではいくつかの期間が用意されており選べる形です。

紛らわしいので、今回は同じ条件で比較するために3ヶ月で比較しましょう。

 

衝撃的な差が...

桁が一つ違う

それでは結果をご覧ください。

ライザップイングリッシュ
(通学あり)
入会金50,000
450,000
プログリット
(通学あり)
入会金50,000
468,000
スタディサプリ
(オンライン完結)
入会金0
68,000

スタディサプリのパーソナルコーチプランは、両サービスの入会金程度の費用でサポートを受けられてしまうんですよね。

僕の中では、この時点でスタディサプリが第一候補になりました。

それにしても「対面型」と「オンライン型」ってこんなに差がつくんですね。

通学が必要なプログラムだと、スクールの賃料、設備、光熱費などでどうしても高くなるのはわかりますが驚きました。

 

通学型だと割高感は否めない

個人的な感想ですが通学は割高なイメージです。

日本人やネイティブによるマンツーマン形式なので仕方ない部分もありますけどね。

  • 1レッスン7,000円〜14,000円くらい
  • 40〜60分程度
  • 全20回

ゼロから習うつもりで行くと、消化不良のうちに終わるんじゃないでしょうか。

行くのであれば、わからないところを集中的に聴くために通うのがいいのかなと思います。

 

スタディサプリでも目標スコア達成できる

僕は900点台到達を目標としていたので、ユーザーがどんな成績を残しているのかを調べました。

調べた結果、スタディサプリで250点アップした人もいるらしいとわかったので、自分もうまくいけば900点台にはもっていけそうな気がしましたね。

一気にスタディサプリに近づきました。

 

残念なお知らせ

実はスタディサプリのパーソナルコーチプランって現在のTOEICスコアが高すぎると受けられません。

具体的には860点以上の人は対象外です。

長くなるので詳細はスタディサプリのパーソナルコーチを継続しなかったシンプルな理由で書いてます。

あなたがすでにハイスコア持ちの場合は注意してください。

 

紙の本よりアプリでできるのがうれしい

スコアが伸びるなら指導方針に従いますが、個人的にはアプリでできるならそれが一番楽です。

もともと「単語のアプリ」とか「オンライン英会話」は楽しんでいたので自分に向いている気がしたんです。

(やっていたと言ってもTOEIC対策を意識しているわけじゃないんでTOEICにはほとんど影響はしてなかったですが)

 

移動中などのスキマ時間ですぐにできますから、スタディサプリに軍配が上がりました。

使う教材

  • スタディサプリ:オリジナルテキスト+オリジナルアプリ
  • ライザップイングリッシュ:オリジナルテキスト(+市販テキスト)
  • プログリット:市販テキストのみ

スタディサプリでも紙のテキストをまったく使わないわけじゃないんですが「アプリでもできる」ってのは魅力なんですよね。

 

7日間無料体験してから判断できる

ライザップイングリッシュやプログリットも合わなかったら返金してもらえるみたいなんですが、ちょっと条件があったりややこしいんです。

面と向かって「辞めたいです。」ってけっこう言いにくいですよね。

その点、スタディサプリはネットですぐに解約できるとわかったので安心でした。

やってから気づきましたが、7日あればかなり試せますよ。

  • 無料お試し期間:7日間
  • 返金対応あり

申し込む前の段階で迷ってるなら、仮入会してみて「もし良かったら継続しようかな」くらいのイメージがちょうどいいです。

 

最後に

結局、僕に合いそうなのはスタディサプリのパーソナルコーチプランしかありませんでした。

  • 安くコーチをつけたい
  • 通学は面倒
  • 800〜900点を目指している
  • アプリを使いたい

もしあなたが僕の考え方と似ているタイプなら、アプリを体験するついでにやってみる価値があると思いますよ。

(アプリだけやるのもアプリ+コーチを試すのもどっちも7日間無料です。)

 

キャンペーンページ


パーソナルコーチプラン (スタディサプリ公式サイト)
※体験期間中にやめれば料金が発生しません

 

追記

人には「早くやったほうがいいよ」と言っておいてなんですが、僕は少しだけ足踏みしました。

その話はじつはパーソナルコーチプランの申込み直前に躊躇してた話に書きます。

KY_ENGLISH

2018年9月4日にスタディサプリのパーソナルコーチプランに申込み、本格的にTOEICに挑戦開始。
必死でやった甲斐もあり6ヶ月でなんとか900点台突破に成功した。
(その後も900点台をキープしている)

30代半ばに突入し頭が固くなりかけているもののやればできることがわかり、セルフイメージ上昇中。
次の目標は自己最高スコアの930点を更新すること。

-パーソナルコーチプラン

Copyright© スタディサプリとパーソナルコーチでTOEIC攻略 , 2020 All Rights Reserved.